2007年07月19日

願正寺門前町界隈の賑わいづくりワークショップ(学生版)開催

 13日付けと18日付けの日記で紹介のように、11日(水)と12日(木)、18日(水)の午後、経済学部の「地域調査論」の授業の一環として、願正寺門前町界隈の賑わいづくりワークショップ(学生版)を行いました。3日間で合計120名の3、4年次の学生達がゆっつら〜と館を拠点に呉服元町商店街とその周辺を見て回り、グループごとに、良いところ、悪いところ、不足するものについて書き出し、今後のあり方について纏める作業をしました。
 学生達は、これをもとに7月末までに、各自、界隈の賑わいづくりについてレポートを纏めて提出することになっています。このレポートは期末試験に代わるもので成績の評価の対象になりますが、それだけではなく、その内容を、呉服元町界隈の賑わいづくりに活用することを、講義の始めに学生達には伝えています。
 学生のレポートを纏めて、8月末までに、公開します。どのような若者の提案が出るか、ご期待下さい。
posted by スタッフ at 07:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 館長からの報告
この記事へのコメント
早く見たいです
できたら一番最初に見せてください
Posted by まつや 和 松や at 2007年07月19日 11:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ntl9

この記事へのTrackBack URL
http://yuttura.area9.jp/tb.html/0003054