2007年09月19日

加賀市の町屋再生室を訪問、大聖寺地区の町屋を視察

彫金工房月

再生第1号の「彫金工房 月 & カフェサロン」
 
青森市の視察の帰り、9月11日に加賀市の町屋再生室を訪問してきました。
加賀市は加賀百万石の支藩の城下町で、大聖寺地区に古い区割りと町並みが多く遺されています。
 再生室では、空き屋の持ち主に賃貸を働きかけ、広く市の内外から入居者を募って工房やギャラリー、店舗等として再生する取り組みをしています。現在、6つの町屋が入居者の手で修復・改築され、利活用されており、新たな観光スポットにもなっています。
 写真はその第1号、元歯科医院が彫金工房とカフェになった町屋です。残されていた歯科医や技工士の道具が彫金に活用されるなど、建物だけでなく、元の内装や道具までもが上手く利活用されており、歯科医と彫金師の組み合わせの妙味に感嘆させられました。

加賀5.JPG
元診察室は作品の展示場へ
待合室(左端)はカフェサロンに


山下さん親子
山下さん親子
ご主人と息子さんが彫金、奥さんがカフェサロン経営
posted by スタッフ at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 館長からの報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
3z4l

この記事へのTrackBack URL
http://yuttura.area9.jp/tb.html/0008412