2008年03月28日

佐賀が舞台のドラマ・・和菓子連続殺人事件第1話

4輪車.JPG

佐賀城下ひなまつり巡り3 恵比須ギャラリーの文末で
「しまった〜!こんな番組があったとは。」と嘆いた。
佐賀に詳しい人であれば「あっここは!」と思われる場所が沢山出てくる、佐賀学に使えそうな、ほぼ100%佐賀県内で撮影されたのではなかろうか?と思えるTVドラマを録画しそこねたのだった。
2月23日午後9時〜11時にかけてTV朝日系列で放映された「土曜ワイド劇場 和菓子連続殺人事件」である。

沢山の方にお尋ねしてようやく「録画しています」という人に出会えた。
なんとこのドラマ中でヒロインの実家の東京の店舗「橘屋本店」、中心舞台となる伊万里の老舗「清甘堂」のロケ地となっている村岡総本舗の企画室長村岡氏からテープをお借りできた。
その録画テープを館まで持参下さり、当時の逸話をうかがうチャンスを頂いた。

本来ならば、佐賀城下ひなまつりの期間中にサクサクとヘッポコブログで紹介すべきだったが、佐賀県フィルムコミッションへの問い合わせ、テープから抽出したシーンと今流行りの“つき合わせ”をしながらのロケ地撮影。又しても思わぬ寄り道まで食ってしまい記事のUPが遅れてしまった。

後悔と釈明(言い訳)の連発だが
斯くなる上は、3回位のシリーズとしようと開き直るのだ。


粗筋
結婚相手の和菓子職人・礼二に逃げられた東京の老舗和菓子屋の娘・橘菓乃子(高橋由美子)は礼二が佐賀県伊万里市の老舗和菓子屋「清甘堂」で働いていることを知る。
「清甘堂」を訪れた菓乃子は、予期せぬ殺人事件に遭遇する。次々に起こる事件の謎を菓乃子の味覚が、幼なじみで佐賀大学の犯罪学教授・千葉公平(葛山信吾)に助けられながら解きほぐして行く。


主な出演者

高橋由美子・葛山信吾・秋本奈緒美・内藤武敏・布川敏和・
加茂さくら



ロケ日程:平成16年5月25日〜6月6日
 ロケ地 シーン     ロケ場所
・佐賀空港         佐賀空港
・清甘堂(工場)      村岡総本舗小城工場 須賀神社
・清甘堂(表・店内)    村岡総本舗本店
・清甘堂(座敷・庭・廊下) 旧古賀家(佐賀市)
・清甘堂(座敷)      旧福田家(佐賀市)
・清甘堂付近の神社   八坂神社(佐賀市)
・中嶋神社         伊万里神社
・喫茶店           浪漫座(佐賀市)
・鏡山            鏡山
・鏡山(池のほとり)    神野公園(佐賀市)
・大学             佐賀大学
・警察署内部        佐賀県庁本館
・その他           佐賀県庁北堀


資料提供:佐賀県フィルムコミッション
 〒840-8570 佐賀県佐賀市城内1-1-59
 TEL:0952-25-7296 FAX:0952-25-7443

 

P3180008.JPG
清甘堂の座敷・庭・廊下などのロケが行われた旧古賀家

最初の殺人事件当夜、木戸口に立つ秋元奈緒美の姿が印象的。
彼女は長身なのだろう、庇に頭が当たりそうだ。
凡庸な言い方だが、こうして改めて観るとこの界隈はなかなかではないか?切り取り方の妙を得てこそだが〜。


P3180009.JPG
清甘堂の庭
ひな祭り期間中に撮影したが、落胆する平板極まりない絵だ。

一般的なデジタル一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)は撮像素子が小さいため画角(写せる範囲)が狭くなる。辛い。
フルサイズのデジイチが欲しい。
野鳥の撮影には画角の狭さが、逆に望遠として機能する4/3(フォーサーズ)規格のカメラも使い分けたい。
そうですよね、カメラサービス佐賀の皆さん。

同じカメラなのに幾つもの規格が乱立するデジカメ。良いような悪いような。フィルムだったら使い捨てであろうと、EOS1であろうとF6であろうとこんな問題は無かったのに。そうですよねT尻さん。

「館長アレを導入して!」と機材の貧弱を嘆くが、カメラワークも含めて「空気感が写ってないっ」と己が腕を恨んだりへこんだり。

表現者には行間を読ませる筆力、読む者には、眼光紙背に徹する迫力・力量が要る。言い訳がましいなあ〜。


P3180013.JPG
清甘堂付近の神社
菓乃子の結婚相手岩崎礼二(山崎銀之丞)が殺人の容疑者として刑事に問い詰められるシーンが撮られた八坂神社。
実はいろいろ面白い所である。これまた平板な絵だなあ。


P3180012.JPG
神社横の通り
清甘堂の次男・堀内真吾(西川弘志)の嫁・堀内鞠子(秋元奈緒美)はこの道を通り家を出る。
飛び出しがちな、切れ長の眼が思いつめていた。

正面の楠の大樹は大林宣彦監督の「水の旅人」で山崎勉演じる
一寸法師のような侍・墨江小名彦が巨大なカラス?と格闘するシーンにも登場している。記憶に拠ると樹上だった。
「よらば大樹の陰」の諺はあるが、小市民に於いては記憶にはよらんが良いかも知れない。


P3180014.JPG
とある喫茶店?
鞠子の元恋人・葛原孝夫(布川敏和)が友人に会うシーンは浪漫座で撮られている。
手前のガラスケース、調度などは当然レイアウトし直されている。


P3180016.JPG
鞠子が、2番目に殺害される男から脅迫を受ける場所
佐賀県庁北側にある西の堀端である。この辺りは度々出てくる。
近辺には沢山の楠があるが、変な樹形だ。


P3180015.JPG

伊万里警察署付近
菓乃子の祖母・橘小百合(加茂さくら)が着物姿でめかしこみ現れたりもする、くすのさかえはし。

P3280006.JPG
伊万里警察署署内
2番目のドアから刑事が出てくるシーンがある。
佐賀県庁本館中央階段を上がって2Fの東側。
奥の人物は警察官ではなさそうだ。

この写真はサスペンスドラマを追ったに相応しいフレーミングだ。
見る者を不安に陥れるくらいの塩梅に傾いている。
フォーカシングスクリーンを換えねばいかん!
そうですよねカメラサービス佐賀さん。

撮影中1Fの警備に当たっていた人がずっとついて来た。
「怪しい者ではありません、TVドラマのロケ地を〜。ブログに〜。」と説明しながら近づくと、彼は解ったような解らんような顔をして一定の距離を保って後ずさりするではないか。

こんな世の中だ、危険な人物とここでも誤解されたか。

釈明を施してなお誤解に塗れるのは忍びなくもあるが・・・。
止む無し。シリーズ2に続く


<ゆっつら〜と館 T>





シリーズ


和菓子連続殺人事件第1話 佐賀市編
和菓子連続殺人事件第2話 小城市編

和菓子連続殺人事件第3話 唐津・伊万里
和菓子連続殺人事件第4話 道草(予定)

posted by スタッフ at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀市の見もの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
8jtb

この記事へのTrackBack URL
http://yuttura.area9.jp/tb.html/0027107