2007年10月13日

熊本市 上乃裏通り商店街〜使い捨てられない町 3

佐賀大学のSKT君に写真を送ってもらった。
上乃裏商店街の各店がそれぞれ工夫している様子が判る。
携帯で撮ったようだ。送る方は大変だったろうが、使わせ貰う方としては丁度いいサイズで助かった。

最近の記事の内容もさることながら、“諸事重い”傾向と併せて考えれば、この画像容量の軽さは有り難い。



侘びめいたことをせねばならない。
それは9月29・10月9日の記事に関してだが、使っておいでのパソコンの状況によっては記事レイアウトの一部が崩れる。
詳しく言えば、「表示」⇒「文字サイズ」で閲覧する際の文字の大きさが選べるのだが、インターネットエクスプローラー7で初期設定されている「中」以外では綺麗に表示されない。
記事作成中の設定ミスと想われるが是非とも容赦されたい。

パソコンがVISTAならIE7が標準だろうが、ウィンドウズXP以降のものなら、バージョン7以上にアップされる方が良いと想われる。

残念ながら当バージョンは2000には対応していない。
2000のブラウザの最終形はバージョン6のようだ。

当ポータルの読者には“釈迦に説法”であろうが、アイコン「e」にたすきがけのある物はバージョン7と見てよいだろう。
詳細は、ブラウザの「ヘルプ」⇒「バージョン情報」で確認可能。

完全に詫びの様相を呈してきた。
Macでの見え方はどうなっているかも不安である。
このような事こそ先に確認すべきことだったのだが〜。
「長文になることを回避する〜。」という言い訳を用意して今後の対応とさせて頂きたい。

<ゆっつら〜と館 T>




インターネットエクスプローラーのバージョンアップについてはこの辺りを参照されたい。




Photo



曲がり角の店 CORNERS
素人が板を打ちつけただけのような外観。イイ雰囲気です
白い壁と赤い大きな扉の店。
扉を開けるのは、素敵な男のマナーかな?
元は事務所だったのだろうか
広すぎる窓面を上手に黒い板で覆っています。
上乃裏通りの本通り?のお店。
もともと店舗だったのでしょうか。窓がいい。
なまこ壁を想わせるしつらえの店。落ち着いた雰囲気が漂っています。 丸く窓を空けた扉と看板のカラーリングが際立つ、ちょっとした感覚がGood。
今にもエプロン姿の気さくなおじさんが顔を出してくれそうです。国籍不明の存在感がいい。
隠れ家ってとこです。

シリーズ 1. 2. 3. 4.


posted by スタッフ at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ投稿!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
b3i0

この記事へのTrackBack URL
http://yuttura.area9.jp/tb.html/0011057