2007年09月09日

松原川の生き物たち5 オオスズメバチ

suzumebati.JPG

ハチとアリは、これ位の大きさでいてくれて良かったと思う生き物だ。彼らがヒトと同じ位の大きさだったらと思うとゾッとする。

人肉のダンゴ?
きっと格好のエサだったに違いない。作り放題、食べ放題〜。
ヒエーッ。「泣きっ面にハチ」どころではない。

脱線癖が出たが熊に襲われての被害より、スズメバチによるものが遥かに多いという。用心用心。

アリはまだしも、空を飛ぶものを見渡せば、体重は最大17kg前後だろうから、巨大なハチの餌食になることは、「まあ有るまいと」“タカをくくっている”。しかし、大きい、強そう。

「魔よけ」として彼らの巣が有難がられていたりもするが、あれは軒下や屋根裏、木の茂みなどに巣を架ける小型のスズメバチものだ。
オオスズメバチは主に地中に巣を作ると言われている。
無遠慮な足音に、それこそ「蜂起」するのではないか。

松原川では昨年一度見かけた。街なかでは、ゴミ箱の中の缶ジュースに来るようだ。
ハチの被害に遭わないようにするためには、白っぽい服装を心がけるようにと言われている。

ハチが多くて困っておられる方、あるいは関心ある方は、以下をご覧いただきたい。ペットボトルで作れる捕獲器の作り方などの紹介がある。


<ゆっつら〜と館 T>



http://www2u.biglobe.ne.jp/~vespa/vespa201.htm


シリーズ

1.ヤリタナゴ 2.ツチフキ 3.ニゴイ 4.トウヨシノボリ
5.オオスズメバチ 6.ムクドリ+ことりのさえずり  7.ドバト 
8.スジエビ 9.ミツバチ 10.コゲラ  11.メジロ 
12.松原川の生き物たち号外-1  閉塞・停滞・混濁
13.大きな水槽が欲しい  14.松原川の生き物たち号外-2
15.アオサギ 16.松原川の生き物たち号外-3 撮影について
17.シジュウカラ  18.ツグミ
19.松原川の生き物たち号外-4 撮影機材について
20.カチガラス

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
pjrs

この記事へのTrackBack URL
http://yuttura.area9.jp/tb.html/0007418